• 聖クリストファ幼稚園 ようちえん日記
  • 未就園児保育 おひさまひろば
  • 2014年度 園児募集

日本聖公会とは

日本聖公会とは

 「聖公会(せいこうかい)」は、カンタベリー大主教を精神的指導者とするイングランド国教会から生れ、世界160ヵ国に広がる36の管区からなるキリスト教会です。
信徒は6,500万人。36の管区は教義を共有していますが、それぞれが自治権を有しています。
ローマ・カトリックとプロテスタントに大別される西方キリスト教会の中で、「聖公会」は、両者の持つ要素を兼ね備え、その中間に位置する教派であると言われてきました。
 日本には1859年(安政6年)に米国聖公会から2人の宣教師が渡来し、今日の礎を築きました。日本においてキリスト教禁令が廃止された後は英国、カナダ聖公会の宣教師団も伝道に加わり、1887年(明治20年)に「日本聖公会」が創設されました。

 「日本聖公会」は社会との関わりを通して、キリストの愛を伝えることを大切にしています。
聖公会に関係する教育事業、諸事業として、立教大学や桃山学院大学を始めとする11の学校法人が運営する大学・高等学校・中学校・小学校、また、専門学校・国際学校があります。
約150の幼稚園、保育園は教会に隣接し、キリストの信仰のもとに運営されています。
医療福祉としては聖路加国際病院が代表的ですが、他にも大小合わせ5つの病院があります。高齢者福祉事業においては、榛名の新生会や、千葉の九十九里ホーム、和歌山の神愛会などを始めとして、多くの社会福祉法人があります。
また、エリザベスサンダースホームや滝野川学園などの児童養護施設、知的障害児(者)施設等もあります。在日外国人の支援活動を行っているのが、NPO法人・聖公会生野センターと、名古屋学生青年センターです。自然を通して環境教育・国際協力に取り組む清里のキープ協会も聖公会に関係しています。
また、個々の教会でも、住まいのない人たちへの炊き出しや、近隣の方々をお迎えしての講演会、音楽会等、その地域に根付いた社会活動を行っています。その他、正義と平和、人権、青年活動、平和憲法、ジェンダー、在日外国人の支援、ハンセン病、パレスチナ、軍事基地、他、様々な諸問題について学び、祈り、活動しています。

日本聖公会ホームページはこちら