2010年3月アーカイブ

2010年3月17日 卒園式

第54回卒園式が行われました。
卒園する子どもたちは、いつもと違った装いで、
ちょっとおすまし。
凛とした表情がとても素敵です。

卒園感謝礼拝では、みんなで祈り、聖歌「そらのとりは」を歌い、
司祭様に一人ひとり祝福をしていただきました。

保育証書授与式では、一人ひとりの名前が呼ばれ、
「はい!」と元気に返事をして保育証書を受け取りました。
両手で、そして園長先生の目をしっかりと見て、
「ありがとうございます」と証書をうけとる子どもたち。
・・・そのりりしい姿、輝く瞳に成長を感じ、胸がいっぱいでした。

うた「思い出のアルバム」の歌詞は、年長児のオリジナル。
クリストファでの思い出がいっぱい詰まっています。
うた「はるのひかり」は年長児と年少・年中児が向かい合って歌います。
みんな一緒の幼稚園・・・たのしかったね。

最後に「シャローム」をうたって卒園児は退場。
たくさんの拍手に送られて、卒園児は巣立っていきました。
卒園の日をお祝いしてくださったお客様、おうちの方々、ありがとうございました。
そして卒園児のみなさん・・・
みんなに会えてうれしかったよ。ありがとう・・・。
ご卒園おめでとうございます。


094.jpg

103.jpg

105.jpg

2010年3月12日 おわかれパーティ

卒園する年長さんと一緒に、おわかれパーティを開きました。

年長さんはみんなのために「具だくさんスープ」を作ってくれました。おいしそう!

「やさしくしてくれてありがとう」

・・・年長さんにプレゼントが。

年少さんからは「似顔絵とメッセージを描いたカード」

年中さんからは「マーブリングのしおり」

どれも心がこもっていて素敵です。

パーティにはお世話になった地域の方々もお招きして、

おいしい・うれしい・あったかい・・・そんなひと時でした。


084.jpg

079.jpg

081.jpg

082.jpg

2010年3月11日 インドネシアの踊り

園児のパパ イスワユディさんが、インドネシアの踊りを見せてくれました。

初めて見る衣装や踊りに子どもたちは興味津々・・・。

子どもたちは魅力的なインドネシアの舞にぐんぐん引き込まれていきました。

「踊ってみたい!」という子どもたちのリクエストにこたえて、  踊りを教えてくださいました!

いろんな国の、いろんな踊りがあるんだね・・・。

♪世界中だれだってほほえめばなかよしさ

みんな輪になり手をつなごう 小さな世界

・・・そんな歌が思い出されたひと時でした。

ユディさん、ありがとうございました。


072.jpg

052.jpg

059.jpg

幼稚園のお母さん方のコーラスサークル「ママ☆マリヤ」のみなさんが、卒園・進級する子どもたちのためにミニミニコンサートをひらいて下さいました。
お母さん方の歌声はやさしくてとってもきれい・・・。
とくに♪みんなをすきに(詩 金子みすず)
   ♪すべての山に登れ(サウンドオブミュージックより)は、
感動でした(どれも園長のリクエスト&お気に入り)!

ママ☆マリヤのお母さん方のトークも絶品!
まるで漫才を見ているような楽しくて大笑いするものや、
しみじみと感じ入るようなお話、そしてそれにつながる歌声の温かさ・・・みんな引き込まれていきました。
♪たのしいねの歌では、みんなで手拍子をしながら、
ホールいっぱいに響き渡る元気な声でうたいました。
歌う人も聞く人も一つになって、
和やかで楽しい、心つながる素敵なコンサートでした!

ママ☆マリヤのみなさん、ありがとうございました。

024.jpg

034.jpg

037.jpg

038.jpg

2010年3月4日 卒園記念お茶会

幼稚園のお向かいの「鈴木さん」が、今年も年長児にむけて、
卒園記念お茶会を開いてくださいました。
若草色のお着物を召した鈴木さんはとっても素敵!
子どもたちのためにマリヤホールにお茶席を用意してくださいました。
いつもと違った雰囲気に、子どもたちはちょっと緊張・・・
すると鈴木さんはいつもの笑顔で
「どうぞ、気楽に楽しく飲んでくださいね」と、
お茶とお菓子をすすめてくださいました。
鈴木さんに教えていただきながらみんなでお茶をたててみました。
「こうするのかな?」「結構むずかしい・・・」みんなで挑戦!
自分で立てたお茶を飲んで「おいしい!」「もっと飲んでみたい!」と子どもたちは大喜び。
鈴木さんは「子どもが人生で最初に出会うお茶もお菓子も最高級のものでなければ。子どもたちは本物がわかりますから。」と、とびきりおいしいお茶とお菓子をご用意してくださったのです。
お茶会の後、「どんな気持ちがしたかな?」と子どもたちに聞いたら、
「静かないい気もちになった」
「きれいな心になった」などなど、大切なことを感じ取っていました。
「大切な日本文化を知ってほしい。そしていつかこの体験を思い出してほしい・・・そう思うのです。」と鈴木さんはにっこり。
鈴木さん、貴重な体験をありがとうございました。

015.jpg

016.jpg

019.jpg

020.jpg